オーストラリアへ移住のため単身で就業&修行中の夫のYuさんが日本に一時帰国しました。

娘の2歳の誕生日の為に、8ヶ月ぶりに!!一家になってこんなに離れたのは初めて。旦那から娘への一番のギフトは「アンパンマンミュージアム」へ連れて行く事でした。が、Yuさんの職場のオーストラリア人のボスから、娘へのお土産にと〜っても可愛いおもちゃを頂きました。

中を開けると・・・オーストラリアを象徴するものが沢山詰まった素敵なおもちゃ!で感動しちゃったのでご紹介します!

sponsored link

オーストラリア人からのかわいいお土産は・・・

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks-box
wooden threading blocks photo by MImi (c)

 

SatomiとEmaイラスト

これ、何だと思います!?

wooden threading blocksは日本語で「木製の紐通しブロック(知育玩具)」です。

実は、ネットで調べて見たら・・結構レアなおもちゃだったんですよ〜!

sponsored link

 

【ザ・オーストラリア】な物がいっぱい!可愛いブロック達

オーストラリアのお土産で子供向けっていうと「コアラ」とか「カンガルー」のぬいぐるみ位しか思いつきませんよね。

中に入っている木製のブロックはコアラやカンガルー以外で、オーストラリア人が思う「これぞ、オーストラリア!」的なものばかり。で、ややツッコミどころあって面白かったんですが、とにかくデザインが可愛いんです。

一つ一つのブロックには穴が空いていて、そこに紐を通して遊びながら学べるおもちゃになってます。

 

箱にもブロックにもアイテム名の説明が書かれてないので、私達の想定になりますが、ブロックを一つ一つ紹介していきたいと思います!

 

オーストラリアのお土産は「コアラ」だけじゃない!リアルオージーなブロック

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks-clicket
photo by Mimi(c)

1.クリケット

イギリス発祥のスポーツですが、オーストラリアはイギリスの植民地になったこともあって、オーストラリアでも国民的なスポーツです。

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-sanglasses
photo by Mimi(c)

2.サングラス
紫外線が世界的に最高レベルに強いので、手放せないアイテムですね!

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocksーShrimp
photo by Mimi(c)

3.エビ
正直、なぜ?エビなのか・・・超謎
シーフードといえば、エビなのだろうか・・・エビ好きだけどさ。

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-surfbord-blocks
photo by Mimi(c)

3. サーフボード

マリンスポーツもあついよね!私は波乗れないけど。

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks
photo by Mimi(c)

4. パイ

だと思う!特にタスマニアではシーフードパイが有名で、めっちゃ美味しかった!

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks-fairllybread
photo by Mimi(c)

5. フェアリーブレッド
オーストラリアの子供たちが大好きな庶民的おやつ!(朝食?)バターかチョコ、ナッツなどのスプレッドを塗った食パンとかクッキーにカラフルなスプリンクルがかけられたもの。実は私まだ、食べたことがありません。

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks
photo by Mimi(c)

6.オーストラリアの地図

ちゃんと7つの州全部書いてある!

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks
photo by Mimi(c)

7.ベジマイト

食パンに塗るヘルシーなスプレッド。

初めて食べたのはNZだったかな?チョコスプレッドと思って食べたら、しょっぱくて衝撃を受けた。

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks
photo by Mimi(c)

 

 

8.「アーノッツ社」のテディベアクッキー

日本ではTimTamが有名ですね!チョコクッキーのTimTamを出しているオーストラリアの老舗お菓子メーカー「アーノッツ社」のテディベアクッキー。

 

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks
photo by Mimi(c)

9. アーノッツ社のスコッチフィンガー

同じくアーノッツ社のクッキー。

「オーストラリア」=「アーノッツ社」
「日本」=「トヨタ」みたいな感じってことやね。

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-lamington
photo by Mimi(c)

10.ラミントン

こちらもお菓子。私は個人的にクッキーよりラミントンの方がしっとりしてて好き。

クイーンズランド州発祥のジャムとかクリームをスポンジのケーキで挟んでチョコでコーティングした四角い伝統的なお菓子で、周りにココナッツがたっぷりまぶしてあります。

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks
photo by Mimi(c)

 

 

10. サンダル

オーストラリア英語で発音するなら・・・「サンダル」ではなく、「ビーサン」でもなく「thongs (ソングス)」と言います。

 

同じ英語の綴りで発音でもアメリカでは紐パン(またはTバッグ)」という意味になるのでちょっと注意!

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks
photo by Mimi(c)

11. (犬とか乗せられる)車

・・・多分、ペットとかキャンプ用品をたくさん積める vanのことだと思います^^; 

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks
photo by Mimi(c)

12. BBQグリル

一瞬、「・・・UFO !?」ってなりますよね。

よーく見たらUFOではなく、BBQグリルです。これは国民も認めるオーストラリアの文化ですよね。

 

子供向け商品だけど大人が見ても可愛いのでインテリア雑貨的に楽しめる!

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks
photo by Mimi(c)

こんな風に紐に通して遊びます。

おもちゃの箱には対象年齢が3歳以上になってたけど、ウチの子供は2歳で一生懸命紐通しをしようと熱心に遊んでくれました!

「紐通し」は3~5歳頃まで、興味深く遊んでくれる知育玩具になります。

 

遊んでもよし。眺めてもよし。

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks
photo by Mimi(c)

繋げるとこんな風になります。

デザインがシンプルなんだけど、どことなくおしゃれで可愛くて飾って眺めるのもいいなと思う。

大人の私達も「あ〜!これってオーストラリアっぽいね!」とか「え?これは〜・・・」とか戸惑いながら楽しく遊ばせてもらいました。

 

オーストラリア人らしいオチが・・・

 

australia-souvenir-cute-sundries-wooden-blocks
photo by Mimi(c)

ところで箱の後ろにはちゃっかり値段のシールが付いたままに・・・何となくオーストラリア人て感じました^^; 

ところでこのおもちゃ日本でネットで買えるのか探してみた所・・・

とりあえず日本のアマゾンでは⇓

こういうのしかなくて。

 

楽天でも一番近いおもちゃで・・

これが限界でした。

私の調べた限りでは日本で手に入れるのは難しそうなので、オーストラリアのおもちゃ屋さんとかで探すのが良いのかも。
オーストラリアなものがいっぱい詰まった素敵なお土産になりますね ^^

 

最後に・・・

オーストラリア人から本当に「オーストラリアっぽい」こんな素敵なお土産(娘への誕生日ブレゼント)を頂いたのは初めてのことだったので嬉しくて投稿させて頂くことにしました!

このおもちゃが可愛かっただけでなく、実はこのプレゼントに添えてあった温かい心ある手紙にも感動しました。

それから、このお土産を機に自分たちがまだまだ知らな「オーストラリア」に触れられる良い機会にもなりました!

一つ一つのブロックから「???」じゃなくて「あ〜!わかる!」ってなれば、私達も本物のオーストラリア移民になれるんだろうな〜

 

sponsored link

☆最後まで読んでくれて有難うございます!!

バナークリックで海外移住の最新ブログランキングが見られます  ☆