オーストラリアでキャラバンパークには労働しながら、そしてキャンピングカーで旅行しながらと何カ所か利用しましたが今回はタスマニアでファームジョブをしていた時に住んでいたおすすめのお部屋と料金などをご紹介します。

スポンサーリンク

オーストラリアのキャラバンパークとは?

『Powered site 』img via http://www.crayfishcreekecoaccommodation.com.au

オーストラリアの「キャラバンパーク」といえば、ワーホリのファームジョブで利用する方や

キャンピングカー等車で入ってキャンプを楽しむ。

敷地にはスタッフも含めて永住している方もいますが、訪れる人のほとんどはファームなどの仕事とホリデーの2タイプの利用が多くなるかと思います。

 

休暇はBBQやアウトドアでのアクティビティーを楽しむ人が多いオーストラリアではキャンピングカーを所有している人も少なくは無く、ホリデーシーズンに入ると国内をキャンピングカーで旅行してこのような施設に泊まるのです。

今回は私がタスマニアでファームジョブをしていた時に宿泊させて頂いたおすすめのキャラバンパークとそのお部屋に料金などをご紹介します。

 

 

タスマニアのおすすめキャラバンパークはどこ?

[ad#co-1]

Crayfish Creek Van & Cabin Park(クレイフィッシュクリーク キャラバンパーク)


タスマニアの北西部、『タスマニアのエアーズロック』とも言われる Stanley the Nut から車で約20分のところにあるのが ” Crayfish Creek Van & Cabin Park “です。

The Nut, Stanley -photo by Yusuke

私達夫婦がこのキャラバンパークにステイしていたのはオーストラリアの夏の終わりから冬に入る頃, 2013年の3月〜5月でした。

この時期のタスマニアの気温は最高気温が20度程、最低気温は10度以下になる少し肌寒い時期です。

『Potato ファームで 』photo by Satomi

おそ空の下、大きなショベルカーに乗って世界の『マクドナルド』のポテトを掘る仕事をしていました。(笑)

タスマニアの人材派遣の会社に所属し、その会社からファームから近い宿泊所を紹介してもらったのが、このキャラバンパークでした。仕事内容や派遣会社についてはまた別記事で紹介しますね ;)

『クレイフィッシュクリークキャラバンパークのレセプション』photo by Satomi

施設名の「Crayfish」 とはザリガニです。キャラバンパークは特別保護区域の自然の森の中にあるので天然の巨大ザリガニがいるらしく(結局滞在中は見つけられませんでした)、クレイフィッシュクリークという名前がつけられいます。

初めて敷地に入るときは「どんなジャングルの中に住むのか!?」と、ややドキドキしながら中へ進んで行ったのを覚えています。近くの町はSmithtonまで行かないと、周りには豊かな自然以外は何にも無い所でしたが、キャラバンパーク内の施設は充実していて生活で困る事は全然ありませんでした。

『Crayfish Creek Forest 』photo by Satomi

徒歩5分圏内にはビーチもあって、サーフィン好きのイタリア人は毎朝波乗りに出かけていましたが、寒がりの私達は入り江や海で泳ぐ事は無く、休日のお天気が良い日は釣り竿を借りて釣りなど楽しむ事もありました。

『台湾人の仕事仲間で釣りの達人』photo by Satomi

海で獲って来たばかりの新鮮なお魚を自由に調理して食べる醍醐味もこのキャラバンパークならではでした 😀

さてさて、では私達が長期滞在していた「VAN & ANNEXE ENSUITE (モバイルホーム)」というタイプのお部屋をご紹介します。

モバイルホームとは?

『VAN & ANNEXE ENSUITE (モバイルホーム)外観』 photo by Satomi

私達が過ごした部屋は最初は普通の「キャビン」でしたが3日ほどしてこちらの「モバイルホーム(booking.comの日本語表記です。公式サイトではVAN& ANNEXE ENSUITEといいます )」へ日本人のカップルと私達4人で移動しました。 

一体、中はどんな風になっているのかというと・・・

「モバイルホームのリビング」photo by Satomi

トイレシャワールーム(テレビ奥)とカウチソファーが2つならぶリビングがあり、右手通路奥のキャビンに繋がっている作りになっていて大人6人まで泊まれる様になっています。

モバイルホームのダブルベッド photo by Satomi

ごちゃごちゃしちゃってますが(汗)・・・ダブルベッドの上でミニギターを敷いているのは私の旦那さんです。

ダブルベッドの反対側には2段ベッドがあって、同じファーム仕事の同僚のカップルがそちらで寝ていました。

全部写真に撮れていませんが、設備はというとー

  • キッチン (洗剤やスポンジはついています)
  • 調理器具
  • 冷蔵庫(2つ)
  • 電子レンジ
  • 空調
  • テーブル2つ
  • 広い駐車場兼お庭(洗濯が干せるランドリーライン付き)
  • WiFi

があって、大きな冷蔵庫が2つあるのが便利でした。

健康志向な元レストランを経営のカップルとの生活だったので、ヘルシーなスイーツやお料理を教えてもらう事もあり、楽しい共同生活を過ごす事ができました。晴れの日にはパーク内で私の空手教室なんかも開催しました。笑

リネンは別料金ですが、2-3週間に1度くらいのペースで全て新しいものに交換してもらえました。

気になる料金は・・・

支払い&料金

 

 

$65 – $75 (2名1泊*季節による)

さらに大人・子供1人につき追加$10

4人で暮らせば1日あたり1人$20程で泊まれる計算になるので、一般的なバックパッカーよりもお徳!

 

長期滞在の場合はデポジット(保証金)を支払い、問題が無ければ退去時に返却となります。

また、家賃は2週間毎の先払いです。

ちなみに、ここよりも安いキャビンなどの選択肢もあります。

ただし、トイレ・シャワーは共同になりシャワーは1回使用で 20 C (時間が短い)か $1 で毎度コインを準備しなければ行けなくなります。お天気の悪い日は雨に打たれる事もあるのでトイレ・シャワーがついているのが一番安心で便利だった気がします。

ちなみに・・・

UN -POWERED サイトは$20 (2名)〜、

POWEREDサイトは$27(2名)~

になります。

 

とにかくスタッフの皆さんフレンドリー

オーナーのキャロラインとその家族の皆さんはフレンドリーでいつも困った事があれば24時間体勢で駆けつけてくれました。こちらから言わなくても何か問題はないか聞いてくれたりもしました。快適な生活が出来たのはオーナーが常にお客さん目線で建物を管理してくれていたからなんだと思います。

また、敷地内の大きなモーターホームに住む、清掃のおばあちゃん、スージーはとってもフレンドリーでいつも笑顔で挨拶してくれるだけでなく、ホームパーティーを開いて招いてくれた事もありました。

ちなみに、このキャラバンパークで最も目玉で豪華な宿泊施設は・・・

tree house SPA @crayfish creek

ツリーハウス』です 😀

私達が住んでいたキャビンの斜め向かいにあったこちらの施設は

6人家族で過ごすのに丁度いい大きさで、中には生活必要な全てが整っています。

オーブンや暖炉もあるので冬の晩に宿泊者が入っている時は煙突からモクモクと煙が出ていて、窓からは温かな灯りが輝いていて『1度は泊まってみたかったな〜』と思いました。いつか子供をつれて家族でまた、行きたい所です。

気になる料金ですが、今振り返ると割とお手頃。

$165 – $180 (2名/ 1日あたり)

で大人・子供1人につき$20追加となります。

ただし、こちらはかなり人気なので、時期に関わらず直ぐにお部屋が埋まってしまう様です。

 

キャラバンパークの基本情報

[名 前]Crayfish Creek Van & Cabin Park & Spa

[住 所]Treehouse20049 Bass Highway, Crayfish Creek, TAS 7321, Australia

[TEL] +61 3 6443 4228

[Email ]info@crayfishcreekecoaccommodation.com.au

[公式サイト]クレイフィッシュ クリークキャラバンパーク公式サイト

 

最後に・・・

タスマニアのファームジョブ生活はこのキャラバンパークで過ごしていたお陰で仕事以外の休みの日も充実した時間を送る事ができました。

車が無いと行けない場所ですが、所属していた派遣会社の配慮と同僚のお陰で車無しでも仕事もさせてもらえましたし、休日も近くの町へ買い出し等に連れて行ってもらって、たまにお洒落なカフェでタスマニアの名産とも言えるシーフードパイにも舌鼓したりできました。

何と言ってもすぐそこには自然の豊かな森もビーチもあるので、労働者としてお金をセーブしてはいましたが、本当に贅沢な時間を過ごせました。

タスマニアでおすすめのキャラバンパークなので、是非訪れてみてくださいね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます!ランキングに参加していますので1クリックで応援して頂けると嬉しいです


移住生活ランキング


世界一周ランキング

 

 

Related Post

スポンサーリンク