近年、日本でも受験者数が急増中の注目が高まっている英語の試験IELTS(アイエルツ)。英検やTOEICなどとはどう違うのでしょうか?オーストラリア移住計画中の私達はまさにIELTSの勉強中なのですが、移住に必要なバンドスコアの目安や試験勉強で活用中のおすすめの参考書をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

IELTS(アイエルツ)とは?

International English Language Testing System(IELTS:アイエルツ)は、海外留学や研修のために英語力を証明する必要のある方、およびイギリス、オーストラリア、カナダなどへの海外移住申請に最適なテストです。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでも TOEFLに代わる試験として入学審査の際に採用する教育機関が3,000を超え、英語力証明のグローバルスタンダードテストとして世界中で受験者が増え続けています。

(出典: IELTSの公式サイトより)

私達のように移住目的でなく、留学の為にも今やTOEFLに代わる英語の技量試験となっているのは「ネイティブイングリッシュスピーカーが実際に使う」事をベースに作られた試験なので移住の際にも有効なのです。

試験内容を簡単に説明します

IELTSには、大きく分けると2種類の試験に分けられます。

一つはイギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの大学や大学院への入学に有効な「アカデミック・モジュール」もう一つはオーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請に有効な「ジェネラル・トレーニング・モジュール」です。

いずれも、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのテストで構成されており、リーディングとライティングに関しては、アカデミックとジェネラルでは試験問題が異なりアカデミックの方がより専門的な単語力が必要になります。さて、日本でまだまだ馴染みのあるTOEICや英検などで比較するとスコアはどのようなものなんでしょうか?

他の試験とのスコアの換算表と目安

IELTSの公式サイトで他のテストのスコア換算が発表されていないのですがそれは、計測の仕方が全く異なるためです。例えば、日本では最もポピュラーなTOEICですが(今はWritingとSpeakingも受験出来るようになったようですが試験は別ですね)ReadingとListeningのみで選択式なので、満点をとっても話す事が全く出来ないと悩む外大生を学生時代に多く見てきました

ちなみに最低1.0から最高点のスコアが9.0何とも中途半端なIELTS。合格や不合格もなくて、「え、簡単に取れそうやん?」と思われるかもしれませんが、実はネイティブでも対策なしにオーバーオール9.0(満点)をとるのは困難と言われていて、他の試験よりも難しい(けれども実用的)のであります

というわけで、アカデミックかジェネラルかも分からないし、あまり比較にならないかも知れませんが、気になったので換算表を調べてみた所、TOEFLや英検などのテストとIELTSの両方カバーしている語学学校が作ったとみられる換算表を発見しましたので目安として参考にご覧下さい。

IELTS TOEFL iBT  TOEIC 英検
8.0~ 9.0 110~120
7.5 102~109 970~990
7.0 94~101 870~970 1級
6.0 60~78 740~820 準1級
5.0 35~45 550~600 2級
4.0 ~31 450~490 準2級
3.0 291~299 3級
2.0 260~269 4級
1.5 100~259  5級

*上の表はオーバーオールの目安になります。

TOEFLなら4つの技能をわりと正確に測れるので比較になるかもしれませんね。それにしても、IELTS 7.0が英検1級でそれ以上は1級以上というのは驚きでした :0

オーストラリア移住に必要なスコアは?有効期限に注意?

IELTSは海外移住に最適な試験だという事はお分かりになったかと思います。

それではオーストラリアの場合、どのくらいのスコアが必要なのでしょうか?まず移住へのステップとして* アカデミックモジュール

  • 専門学校入学    overall  5.5〜6.0
  • 大学入学時        overall  6.0〜7.0
  • 大学院入学時      overall  6.5〜7.5

が必要な目安となっています。また、RSMSビザ申請の場合最低限必要なスコアはジェネラルモジュール

  • Reading ・Listening・Writing・Speakingの全セクションにて 6.0 以上

です。

*2016年8月5日更新の情報ですが、急に変更する場合やapplyするvisaのタイプによって条件が異なる場合もあるので最新の公式のオーストラリア移民局のサイトにてご確認下さい。

ちなみに移民局のサイトではIELTSの場合スコアを取ってから”3年以内”にとなっていますがIELTSの公式サイトでは試験の有効期限はー

2年間*となっているのですが、ぎりぎりに試験を受ければいいや!(受験料も25,380円バカ高いし)と思われる方はお気をつけ下さいね。と、いうのも・・・

オーストラリアの留学や移住のエージェントの調べによると、語学学校に通ってその対策が3ヶ月未満の人の6.0のクリア率は2割程度と言われており、クリアするには語学学校に通って学業に専念している人でさえもIELTS対策は1年以上前から対策をとっていた方が半数以上なのだそうです。それでもどうしてもクリア出来ずに断念する人もいるようです。

実際に目標のスコアをとりたい時期の1年前には練習として実際に試験を受けてみられる事をおすすめします

追記*永住権取得の際は3年間有効となります。

IELTSのスコア結果

ちなみにまだ現在進行形の身ではありますが、旦那さんのIELTS試験結果&経過を本人の了承を得たので発表しちゃいます。

初めて試験を受けたのが2016年9月3日ですが、その時はoverall 5.0でもwritingが3.5なので全然でしたが、先日の2017年5月13日に受けた結果はListeningとReadingは7.0を超えてついにoverall 6.5に届いたのに

Speakingだけが5.5 !! (ガーン)

前回は6.5だったのに、1セクションでも6.0未満があるので再度挑戦です。本人は悔しすぎて、その晩スピーキングの悪夢を見た様です。

ちなみに元々旦那さんの英語力と言ったら”駅前留学をちょっとだけやっていたことがある”位で、世界一周の旅に出で1~2年の頃は交渉やちょっとした切符を買うようなやりとりでも全部、英語を話す仕事は私がしていました。はじめてのワーホリでも周りに日本人がいない環境で働いていたときも「もう、駄目かもしれない。」なんて弱気な事を言っていたときもありました。しかし、同僚やボスに恵まれて途中で投げ出さず、良い人間関係を築いて帰ってこられました。

今では「English」のバッジを胸にホテルのフロントに立ち、外国人が来ると電話も含めて目を輝かせて対応しているのです。まだ、目標の結果に到達出来ていませんが、あの頃は想像も出来なかったほど確実に英語力がUPしていて、私は密かに感動&尊敬しています。あと、もう一息!の所まで来ているので乗り越えて欲しいし、乗り越えられると信じています。

おわりに・・・

今回はIELTSの概要やスコアの換算表と目安、現在の所の移住に必要なスコアを紹介しました。オーストラリアに留学や移住をしたいな〜とお考えの方はビザを取得する為に、IELTS(アイエルツ)は避けて通れぬ道であります。決して簡単な試験ではありませんが、この記事でスコアの目安や取り組む際のモチベーションUPに繋がればと思います。

また、元々出来なかった方の勉強が苦手な旦那さんがIELTSの試験対策でスコアアップに使っているおすすめの参考書一覧はこちらの記事からご覧下さいね。

<情報出典: オーストラリア移民局IELTS公式サイト, IELTSナビACCオーストラリアキャリアセンター

スポンサーリンク