オーストラリアの教育費はいくらなのか。無料といわれていますが、その実態は・・?日本と比較しつつ基本的なオーストラライアの教育システムなどについて解説していきます。

スポンサーリンク

オーストラリアでは教育費が無料?

<出典:オーストラリア政府公式サイト

オーストラリアではオーストラリア人民及び、永住権保持者であれば 公立の学校( Government Schools )は学費が無料です。

ただし、細かい所を上げると公立でもスクールバスがあればその交通費や遠足等学校によって様々ですが、自費の負担が発生します。

SatomiSatomi

すんばらしいっ ! ・・・でも、学校ってどこまでなんだろう?

それでは次の項目で基本的なオーストラリアの教育システムについて見て行きましょう♪

 

オーストラリアと日本の学校違いは?

 

まず、日本とオーストラリアの教育システムの大きな違いは

義務教育の年齢(期間)

学校のシステム

です。

 

州によって多少異なるようですが、州全土で共通して言えるのは

義務教育が 6歳[Year 6]〜 16歳[Year 12]まで

となっており、更に学校の区分としては Year ○○と言う風にグレード分けがされています。

  • 小学校(Primary School )が幼稚園等の準備期間から始まり、 Year 6か7まで
  • 中学校( Secondary School )が Year 7 から Year 8か9か10まで
  • 高等学校  ( Senior Secondary School )が 2年間の Year 11 と12 のみ

 

また、高校卒業後は

大学、大学院、職業訓練校(専門学校)などの道があります。

そして、

大学でさえもオーストラリア市民、NZ市民、もしくは永住権保持者で国から指定されている教育機関であれば、

授業料は無料もしくは通常よりかなり安くする事ができます。

*この仕組み、学生ローンについての詳細はまた別記事で書きます。

 

オーストラリアの教育費の目安は?

学校やコースによって様々ですが、公立大学の費用の目安は

 

年間で2万ドル前後 × 3年制 =  6万ドル前後 (約530万円)

生活費や食費など別途かかるといったイメージです。

 

ちなみに、永住権なしで普通に留学で学校に行くとなった場合は

義務教育の学校で年間7千8百ドル〜3万ドル (約 68万円〜265万円)

語学学校がコースと長さにもよりますが週に300ドル(2万6千円前後)程となります。

 

奨学金が通れば学費の25%~50%は免除になる学校もありますが、

日本の私立より全然かかる感じですかね。

*あくまで本日2017/9/14のレートで計算した、目安の金額です。

 

 

では、日本の教育とオーストラリアの教育ではどちらの方が教育レベルが高いのでしょうか?

 

どちらの教育が優れているのか?

img via https://www.studyinaustralia.gov.au/

現地在住のママさん達の声を聞くと

オーストラリアは夏休みに宿題も無いし、のびのびしていてそれが良い反面、

ミススペルや計算が出来ないオーストラリア人も多いらしく、日本の教育の方が優れているんじゃ無いか。

という声や、

ママさん以外にも“オーストラリア人は極端に頭のいい人と悪い人に分かれる。”

とワーホリ中に聞いた事があります。

しかし、今回色々調べてみると驚きの調査結果がわかりました。

オーストラリアの大学に関しては海外からの生徒数がイギリス、アメリカに続き

世界第三位!

なんです。

 

ちなみに、最新(2018年)の世界の大学ランキングでは

日本の東京大学は46位で、

世界のトップ50位以内に入った上位の大学を上げてみると

第20位 Australian National University (ANU) 

第41位 University of Melbourne

第45位  University of New South Wales (UNSW)

など世界ランキングでは東大を上回る大学が3つもあるんです!!意外。

ちなみに、

私が思う日本の学校で学べる最大の利点は

協調性が身に付く事。

 

日本では集団行動は当たり前ですが、海外、及びオーストラリアでは「前習え」とか教わらない様です。

 

一方のオーストラリアでは

 Creativity ( 創造性 )が身に付く事。

 

オーストラリアでは自然に囲まれてのびのびと自由に子どもを育てられると言います。

また、多民族国家でもあるので多種多様が普通の環境で育つ事も一つです。

 

ちなみに日本(東京)は世界で最もクリエイティブな都市と評価されていて、

漫画やキャラクター物などが世界で最も浸透している国だなと思いますが、

実際、日本人は自分で「創造的だ」と認識・自負している人は少なく「創造的」の捉え方にややズレがある調査もあるなと思いました。

国内の小さな町の中でも、時代によって「あの学校は良い」とか「悪い」とか評価は変わって行くものですし、

クラスによってもその質はかなり変わってくるので、正直どちらが優れているとは言えないと思います。

ただ、

国際的な言語習得」の面から言えばマルチリンガルの多くは最初に英語をしっかり習得してからアルファベットを使用する第二・第三言語を学んで行くのが覚え易いとは言われています。

“発音面”からも、より英語圏同士のコミュニケーションがフェアになるように学ばせたいならオーストラリアの方がいいかなと思いますし、移住を目指している私は何だかんだ、娘にはオーストラリアの学校で創造性と個性豊かな人間に育って欲しいなと思います。

 

最後に・・・

オーストラリアの基本的な教育システムや教育費についてまとめてみました。

日本とは基本的に異なる事がお分かり頂けたかと思います。

 

あ、とあるブロガーさんの記事で私も共感した事がひとつ。

「私立」に行かせても「公立」に行かせてもいわゆる「不良」になる子はなるし、出来る子は大学迄ずっと公立で主席で卒業すると言います。

また、小学校から私立にいかせる人は大半が「見栄」だそう。

 

どの国でも子どもを「公立」か「私立」かどの学校に通わせるのかというのは大きな悩みでもあるかと思います。

しかし、私が信じているのは子どもが「良い人(お友達)付き合い」を出来るようになるかならないかがその子どもの人生を大きく左右させる事になって行くのであって、その土台・価値観を植え付けられるのはやはり親だと言う事。

だから、親子の信頼関係がしっかりと築けられれば、どんな学校に行こうがどんな性格の悪い友達が近づいて来ようが子どもはちゃんと選んだり避けたり出来るはず。日本ではモンスターペアレンツとか何かあれば学校・先生のせいにする親が多い様ですが、本当にそんな親に育てられる子供達や日本の将来が大丈夫?ってなります。

子どもの学校選びは通い易いか、経済的に無理が無いか、現地で出来れば下見をするなどして様々な角度からしっかり下調べをするに超したことはありませんが、今後益々「人」としてしか発揮出来ない能力や実力が無いと生き残って行けない時代に突入している中で「親の見栄」とか「無駄な心配」とか全く要らないよね。

て。

なんだか、真面目に語ってしまったけれど、言いたい事は娘をオーストラリアの公立の学校へ通わせて「学費は無料でしたが、何か。(ちょっとインテリ風に)」って言わせるぞー!って事。笑

というわけで次回は国からの「子ども手当」など福利厚生などを調べてまとめて行きたいと思います。

<情報出典:StudyinAustralia (政府のサイト・英語)Global study RankingWorld study Ranking 

☆最後までお読み頂き、ありがとうございます!ランキングに参加していますので1クリックで応援して頂けると嬉しいです☆


移住生活ランキング


世界一周ランキング

Related Post

スポンサーリンク