はじめましてユースとサティーです !

『Castaway island』photo by Aus移住.com
自己紹介- profile-

[名 前]( ニックネーム ) ユース &  サティー

[生まれ]2人とも日本

[性 別]男 ・ 女

[血液型]o型・ A型

 

月並みかもしれませんが、共通の友人の紹介で。

地元のビーチで偶然、出会いました。

 

出会った瞬間、結婚するとはお互い全く思ってはいませんでしたが

ユースはいわゆる “ビビッ!“みたいな何かを・・
サティーは “良い旦那さんになりそうな人だな~

と思っていました。

 

お互い若い頃からなんとなく「世界中を飛び回りたい!」という思いがあり、

ユースは1人で仕事の休みの時に車で沖縄以外の日本を一人旅し。

サティーは某大手旅行会社の添乗員になって国内外飛び回ってました。

 

約2年の交際を経て、結婚を前提に3年〜無期限の世界一周のハネムーンに出る事になりました ^^

実際に旅した期間は4年と1ヶ月

4年間で53カ国。

無期限だった理由は「暮らすように旅し」て、よっぽど気に入ったらそのまま海外移住もトライしてみる事の視野に入れていたからです。

途中ニュージーランド、オーストラリア、カナダでは仕事もしながら「暮らし」を体験して最後のカナダで子供を授ったことで2016年の夏、故郷金沢に帰ってきました。

***細かいルートや費用に関する記事はこちら

現在、サティーは実家で子育てに専念していますが、

ユースが単身でオーストラリアへ移住を目指し奮闘中です。

 

それにしても、

一旦家族が離れてしまってもなぜに「オーストラリア移住」を決めたのか?

その本当の理由と目的をぶっちゃけてお話します。

 

移住を考える本当の理由

オーストラリアが単に好きだから」と

原発」と「地震」、「戦争」からの回避場所に適していると思ったからです。

正直、ネガティブな事に関してはあまり考えたく無い事ですし、

この先大きな何かが起こるその時迄どうなるかなんて正直誰も分かりません。

が、それだけでなく私達にとって今の日本は「心が貧しい人」が多くなってしまうような政治や教育などの環境が整っているような気がしてなりません。このトピックについては深くなるのでここでは長々と書きませんが・・・地元では歴史にその名を刻む詩人、室生犀星が謳ったように「故郷は遠くから想うもの」こそが「美しい」からとも考えていて、自分達の生き方としてしっくりきているのもあります。

とにもかくにも、子供を育てていくに当たって、

自分たちがまず強い信念を持って心豊かな人間に成長し」、

変化を恐れずにやりたい事を実現できる」説得力のある親になっていきたいと思っています。

でも、なんで「オーストラリア」に移住したいのか?

旅でオーストラリアでは1年3ヶ月滞在し「良い面」も「悪い面」もそれなりに体験してきました。

詳しい体験談は別記事で紹介していきますが・・

特に新鮮でときめいた気持ちでオーストラリア移住を決めた訳ではなく

国に原発が無く、今後も持たない事」や

経済的にもほぼほぼ安定的に発展して過ごしやすい国」でありながら、

特に子供の教育においては「クリエイティブな人間」を育てる上では世界でトップである事。

また「四季はあるものの、通年天気が良い日が多い」し

多様性を受け入れる多民族国家である

と言う事です。

 

 

このブログの目的は?

このブログの目的は大きく2つです。

私達と同じく、世界一周やオーストラリアおよび海外への移住を一家で考えているような方に

リアルな実際の体験や経験を元に本当に役に立つ最新情報を共有する事

専門性が高くて世界の他の誰にも・ロボにも真似できない価値あるメディアを作る

という事と、

情報と自分たちの思考の整理をしながら、家族が一つになって生涯・心身豊かに生きる

自分たちの理想のライフスタイルを実現していくための「記録と道しるべ」のようなものにしていきたいと思っています。

 

なのでタイトルとしては

「AUS移住」なんですが、

 この大きな目標のきっかけとなった、世界一周の旅情報や実際に経験した3カ国のワーホリ情報などに関してもこれから旅立つ人に役に立ちそうな事があれば、少しずつまとめていきます。

 

もしも【強く・賢く・優しく・柔軟に】そして【自由に】生きたい!と共感出来る仲間がいれば、

気軽に声をかけてみてください^^

[facebook ]https://www.facebook.com/satty3103/

[Twitter ]@AUSijyu

[instagram]@aus.ijyu

★フォローしていただけると最新情報が見られますが、

私たちにとってこれらSNSはリアルな繋がりのための単なるツールの一つだと思っています  ^^ ★*

 

免責事項

情報収集はなるべく最新の正確な内容を分かりやすくお届け出来るように努めていますが、
ビザなどは特に急な法律の変更により古くなってしまっている場合もあります。

最終更新日をご確認頂き、あなたにとって緊急で重要と思われる事項については必ず政府の公式サイトや信頼できるプロのビザコンサルタントなどに直接お問い合わせになられるなどして、最終確認をご自身で責任を持ってお願い致します。