キャンピングカーオーストラリアの大陸をドライブしたい!夜はBBQもキャンプもしたい!・・・でも、「一体一日いくらかかるの?普通のレンタカーでもちょっと気が引けるのに。」そんな風に思っていませんか?実は、私達夫婦はオーストラリアの5つの州をキャンピングカーで【完全無料】もしくは、1日1ドルの激安価格でレンタルして旅したのです。しかも、普通に借りるのと何ら変わりないキャンピングカーでかつ、安心の保険付で!今回はキャンピングカーを出来るだけ安くレンタルしたい!というあなたに夢の様な本当の話をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

オーストラリアのキャンピングカーでの旅の仕方!車の種類は?

<出典: Brits  >

上の動画に出てくるようなキャンピングカーがあれば、自分達の好きな食料を積んで好きな時に自炊して、広い国立公園やビーチにお出かけして、山や海、川でアウトドアのアクティビティーを楽しめるだけでなく、屋内派の人は素晴らしい景色を眺めながら車内でゴロン。として美味しいコーヒーなんか飲んだり・・夜は満点の星空の下で快適なベッドのある車の中で寝泊まりしたり<3 が可能になります!

そんな夢の様なキャンピングカー。色々なタイプがあるんです。実は、呼び方も「キャンピングカー」と言うのは日本だけ?かも。まずは、キャンピングカーの英語圏での呼び方やそのタイプ・種類からご紹介して行きます。

キャンピングカーの種類やタイプ

ちなみに、英語でキャンピングカーは Campervan (キャンパーヴァン)とかCamper(キャンパー)と言われています。

Campervan/ Camper (キャンパーヴァン・キャンパー)の種類は?

キャンピングカー には大きく分けると以下の6種類になります。

  • Motorhome(モーターホーム):モーターホームはバスやトラックの車体下部の上にキッチンや調理道具、冷蔵庫、テレビ、ベッド、トイレ、シャワールームなどを備え付けた言わば、「動く家」的なタイプのかなり大きな車です。5~6人は乗車できます。
  • Campervan (キャンパーバン):小型のトラックといった感じでモーターホームより小さめ。中には冷蔵庫や調理スペース、ベッドはありますがトイレ、シャワーはついていません。ほとんどが2~3人乗りです。
  • Caravan (キャラバン):こちらは車で牽引しないとそれ自体は動かない、車輪付の家。と言う感じです。こちらもキッチンやベッドなど生活に必要なものは全て完備でキャラバンパークでは良く貸し出されています。その大きさは様々です。
  • Camper Trailer(キャンパートレイラー):  キャラバンより小さい、軽量タイプのトレイラーです。調理器具、キャンプ用品を運ぶだけのもの、ペット専用のものもあれば、中にテントが装備されていて開くとわりと広めなテントで家族で寝泊まりが出来るようになるものもあります。
  • RV :RVとは  「recreational vehicle(娯楽の乗り物)」の略でその名の通りmotorhome などを含めた、幅広いラグジュアリーな乗り物です。豪華な家なので、中のインテリアのデザインなども凝っているものが多く、セレブ気分で旅行したい方にぴったりのキャンピングカーになります。
  • Winnebago (ウィニバーゴ): 元々はネイティヴアメリカンの民族名でもあるのですが、そのアメリカのトップRV 会社の名前です。世界的に有名な会社となので、この言葉が ラグジュアリーなキャンピングカー全般の代名詞にもなっています。

 

さて、私達がオーストラリアでレンタルしたのはどのタイプでしょうか?

 

実際に無料でレンタルしたキャンピングカーは?

夢の「Motorhome」でグレートオーシャンロードを走り抜けました!photo by Yusuke 

6人乗りの2階のベッド付きモーターホーム!!

車内にはガスコンロや電子レンジ、食器、調理器具、ポット、キングサイズのベッドに2階もダブルサイズのベッド、エアコン、トイレ、シャワーまで完備されていました 😀 かなり、テンション上がります!

[後部席のベッド] img via http://www.britz.com.au/campervans-australia
【テーブル席】img via http://www.britz.com.au/campervans-australia/

残念な事に、内部の写真は何かの衝撃でデータが消えてしまっていてあまり見つからなかったので(涙)Britzの公式サイトからの引用画像になりますが・・・中はこんな感じでとにかく広く、寝るときも超快適でした。

photo by Yusuke

そして屋外で食事の時はこんな風に屋根と付属のテーブル・椅子を出してどこでもピクニックが可能

【外の席】img via http://www.britz.com.au/campervans-australia/

まさに夢の様なすんばらしい体験をさせて頂きました。

レンタル代は無料で。

普通に借りれば安くても一日1万4千円程〜はするようなキャンピングカーが・・・

SatomiSatomi

無料で〜!

しつこいね、はい。すみません。

正確に言うと、ガソリン代は負担しなければならず、結構高いこともあって、気の合う仲間を誘って共に旅する事もありました。

(私達、4年間ずっと一緒に旅していたので、ドライブに関わらず、旅には時々2人の間に心地よい風を流してくださる素敵な仲間が必要だったのであります。)

走り方や積んでいる荷物の重さ、距離等にもよりますが1日5~6千円位と見積もればいいでしょうか。

 

また、「走る家」だからといって、どこでも車中泊していいわけでもないですよ ^^

宿泊費は一日無料*〜$40/1台 程、別途かかります。

オーストラリアではFree Camping Area  という政府も指定のキャンプサイトでなないと普通に”ここなら停められるかな〜”って言う様な所で車中泊すると、とっても危険なだけでなく【違法】になります。

なので、この様なコストは別にかかるのですが、まさか豪華なキャンピングカーが無料で借りれて、オーストラリアの遊び方の選択肢が簡単に広がるなら挑戦してみない訳は無いでしょう。

では何故、無料でレンタルできるのか?

その理由を説明していきます!

安全なの?無料のキャンピングカーを借りられる仕組みとは?

img via annie-spratt

「リロケーションカー/トランスファーカー」とは?

キャンピングカーが無料*で借りられる仕組みはとっても簡単です。

様々な地に支店を持つレンタカー会社では好きな場所で借りて、返却も可能な所がほとんどですが、また、予約が入った際に車を予約が入った支店へ移動させなければならない事が起きます。

その際にかかる人件費やガソリン代などを浮かせるべく、立ち上げられたのがリロケーションカーサービスです。レンタカー会社も節約派の旅行者もハッピーになれるこのサービス。知ったもん勝ちのサービスです。

ちなみに、会社は色々ですが、私達がニュージーランドでも利用させてもらって最初にチェックしていたサイトが

img via https://www.transfercar.com.au/

こちらのtransfercar (トランスファーカー)です。

こちらはリストによってレシートを返却時に提示すれば$20〜のガソリン代有料(フェリーなど)道路代$70〜なども支給されます。

このサイトではキャンピングカーは勿論、普通の車でも完全に無料のレンタルリストがあります

ちなみに、利用していたもう一つのサイトは

img via https://www.imoova.com/

imoova.com 」1日1ドル〜ということで無料のリストはありませんが、こちらも激安で借りる事ができます。

また、こちらもリストによってはガソリン代を$50~$300,レシートを提示すれば支給してくれます。オーストラリアのみならず、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパと全世界で幅広くカバーしています。

ちなみに、無料で借りるには条件があります!

サイトをご覧になればお分かりになるかと思いますがー・・・

借りられる期間や場所、車のタイプなど条件が限定されています。

<出典: imoova.com>

赤で囲んだ所が借りられる日、青が返却期限の日です。

どうしてもメインのレンタルありきの、ボランティアで車の回送をするわけなので、リストにあわせて合う条件があれば利用できるという訳です

先ずは、サイトにあなたが借りたい場所から行きたい場所へのリストがあるかを見て、エリアをカバーしているようであれば、次に日付けをみる必要があります。

他にも色々と条件が限定される事があるのですが、長くなるので今回はこの辺までにして、【予約の仕方や借りたいタイプの車を上手く借りるコツ】についてはまた別記事にて書かせて頂きますね 😉

 

最後に・・・

ニュージーランドの南島から北島へリロケーションカーで爆走したことから始まり、オーストラリアでも4回利用してオーストラリアの全州をお得に楽しく回る事ができました。

本当はレンタルしてくれる人をもっと増やさなければ行けないので、あまり多くの人に教えたく無いんですが・・・このサイトを訪れてくださったあなたには特別に<3 情報提供をしたいと思います 😉 

次回は・・・

「berth」って何?サイト利用の仕方や注意点★

オーストラリアで運転をする際の基本の交通ルールは?

★オーストラリアのキャンプサイトの予約・利用方法

等々、体験から基づいた最新情報を分かり易く解説して行きますね 😀 

 


移住生活ランキング


世界一周ランキング

 

Related Post

スポンサーリンク