本家ケンブリッジの教材は試験の過去問練習に欠かせませんが、困る所といえばスピーキングに関しての解説がほぼ無いことではないでしょうか。

こちらの記事では高卒で特にスピーキングに超悩まされていた旦那さんでもスコア7.0を突破するのに役立ったおすすめの参考書や勉強法のコツをご紹介していきます。

 

sponsored link

 IELTSのスピーキングについて押さえておくべき勉強のコツ

Yusukeイラスト

スピーキングは日本語でも苦手な俺。
正直、初めは何からどう勉強すれば良いか・・・全くわかりませんでした!

EMAちゃん

そんな、ダディでもスピーキングで6.0、オーバーオールで7.0を取れたのは何でなの〜?

オーバーオール7.0を取った時の記事はこれ

 

と言うことで、

こちらの記事ではスピーキング対策におすすめの参考書に焦点をあててご紹介して行きます。

まずはスピーキングの時間や問題内容をセクション別におさらいしておきましょう!

 

IELTSのスピーキングセクションの概要  [ジェネラルモジュール]
 時間内容
パート1
4-5分
インタビュー形式で短めの質問が3~5問 (出身地、家族、休日の過ごし方、趣味などについて聞かれる)
パート2
メモる時間1分 
話す時間2-3分
Topic card 渡され、カードに書いてある内容に沿って話をする。
パート34-5分セクション2に関連した内容で、より掘り下げた議論的な質問をされる。

スピーキングセクションの試験時間の合計は11~15分ほどですが

より細かい時間配分と試験当日注意すべき事については⇒こちらの記事をどうぞ!

 

では試験対策におすすめのスピーキングに特化した参考書を見て行きましょ〜!

 IELTSのスピーキング対策に特化した参考書

 

現在のところ、スピーキングに特化した日本語の参考書といえば、この1冊くらいです。

パーフェクト攻略IELTSスピーキング

私が試験勉強を始めた時にはこの本は知らなかったので、

知っていれば手に取っていたかもしれません 🙄 

内容としてはスピーキング全体の攻略法と実際の演習問題と答え方の例がトピック別に紹介されています。

 

スピーキング特化と言うわけではありませんが、

日本語で解説があるおすすめのもう1冊はこちらです!

 IELTS 完全対策&トリプル模試 (CD book)

IELTSの日本語で書かれた参考書の中でもこの一冊を10回以上やれば十分!

と言われている全セクションにおいて内容の濃い、おすすめな一冊です。

特徴は試験官から見たアドバイスが書かれていて、実際に使用した多くの方から高い口コミ評価がある参考書です。

 

スピーキングおすすめの勉強法

SatomiとEmaイラスト

最後にDADが気をつけて勉強して成果が出たと思う重要なポイントをまとめておきます!

ポイント1: 単語量を増やす

そもそも単語が出て来ないと話せ無いですよね。

特にIELTSでは知的な答え方をしなければならないだけでなく、同じ意味の単語でもあえて違う言い回しにしないとスコアを上げてもらえないので、synonym (同意語)なども意識して沢山覚えました

単語量UPのおすすめ本⇒【IELTS必須英単語4400 英単語3300英熟語1100 [ 林功 ]

 

ポイント2: 英文法の基礎をやり直す

スピーキングでは英文法をミスると減点されます

何をどう間違えたかは結果が出ても点数しか分からず、反省のしようが無いので(ここが本当に困る)

練習で自分で気づくか、正しい文法がわかる人に教えてもらうしか無いです

英文法は英語で理解が王道!最初は青色から⇒【洋書(ORIGINAL) / English Grammar in Use Book with Answers: A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English / Raymond Murphy

 

ポイント3: よく使える言い回しを覚える

特にセクション2と3では理論的にかつ明確に話さななければならなくなります。

これは単語量とも似ているかもしれませんが、英語では少し考えさせて欲しいときやトピックに合わせて使いやすいフレーズがあるのでそのような幅を広げておくこともスコアUPに非常に有効です

例えば・・・

  • Could you repeat the question again?   (もう一度、質問を繰り返して頂けますか?)
  • Could you explain the question?      (質問の内容を説明して頂けますか?)
  • Could you rephrase the question, please?  ( 質問を言い換えて言って頂けますか?)

など、答え方を考える時間をとったり、質問内容の確認に使えます。

日常でも使えるフレーズを増やすのにおすすめ!⇒【50トピックでトレーニング 英語で意見を言ってみる MP3 CD-ROM付き [ 森秀夫 ]

 

ポイント4: 答えを暗記しない!頭の中で早く文章を組み立てる練習をする

色々なトピックを練習していくと答え方を自然と覚えてしまいますが、それだけで満足してしまうと変化球が来た時に全く対応できない

という問題にぶち当たります。

なので最初から「この質問にはこう」と言うような暗記はしないほうがいいです

日本語の面接等でも同じですが・・・ネタは多く持っておくことに越したことは無いですが、それを文章で覚えない方がいいです。

分からない質問が来たときは焦らずに、まず一息深呼吸して、上のフレーズで質問内容を聞き返したり、その間に頭の中で理論的に話せるイメージ[結論>理由1>理由2>理由3>まとめ]と明確なキーワードが浮かんでから、答えるように訓練することをおすすめします

 

ポイント5: 本番の試験を意識して時間を測る&自分の声を録音する

時間配分については各セクションの時間内で答えなければいけないので、練習するときは必ず時間を測りまた、録音することをおすすめします

 最初は現実から目を背けたくなりますが、成長して結果出した多くの人は皆この嫌な通過点を通っているので、恥ずかしがらず頑張ってください

録音すれば様々なことが客観的にわかるので、改善点が見えたら全て書き出してどんどん改善していきましょう。

今はスマホの無料アプリでも録音できるのでまだ録音したことの無い人はいますぐDLしましょう!

 

重要なポイントは主にこんな所ですが・・・

これらに加えて俺の場合、実用的な会話の練習するのに 

仕事で英語必須のホテルのフロント業務に応募して働いたり、

家では妻に協力してもらい、自宅でもなるべく英語で会話して、

試験直前には妻が試験官役になって弱いトピックの練習問題をひたすらする

などしました

 

また、今回は参考書のご紹介をしましたが、

実際自分にあっていた勉強法としては最終的にオンライン学習がよかったなと思いました!

オンライン学習について選び方やおすすめのサイトはこちらの記事をご覧ください

 

まとめ

IELTSのスピーキングの参考書には「この1冊だけあれば絶対、大丈夫!」と言うものでは無いと思います。

ただ、どのセクションにおいても言えるのは

とにかくめげずに反省し、改善の為の一歩一歩を積み重ねるしか無いです。が、逆に言えば、継続すれば間違いなく力は付いてきます

また日常英会話が出来るからといってスコアが取れるかと言うとそうでは無いので、やはり試験用の対策が必要です

時には音楽を聴いたり、映画を見たりして気分転換もしつつ・・頑張ってください!

あなたにあったスピーキングの勉強方法が見つかれば幸いです。

sponsored link








☆最後まで読んでくれて有難うございます!!

バナークリックで海外移住の最新ブログランキングが見られます  ☆