日本人一家のオーストラリア移住と世界一周4年の奮闘記録




南オーストラリア・アデレードの幼稚園に行き始めました!通園バッグや持ち物の中身はこんな感じ

WRITER
 
kindy-bag-things-bring
この記事を書いている人 - WRITER -
黒帯と道着をバックパックに忍ばせて、 世界55ヶ国を夫と旅した妻のMimiです。 オーストラリアの「果てしなく広い空と大地、綺麗な空気と海」が大好き! 行くだけで、不思議なエネルギーをもらえます。
詳しいプロフィールはこちら

sponsored link

Hi guys ! オーストラリアに移住して1年3ヶ月が経過、永住権(PR)取得に向けて奮闘中の一家の妻Mimi(@AUSijyu)です。

移住したばかりの時はまだ2才だった娘がついに、幼稚園(Kindy)に入学しました。

引っ越し前に西オーストラリアで2タームだけ過ごした私立のプレ幼稚園とこれから通うことになる南オーストラリアの公立の幼稚園。振り返ると、入学の準備だけで、あまりにも必要な物などが違ってびっくり!

今回は、とあるアデレードの幼稚園ではどんな通園バッグでどんな持ち物か…公開したいと思います。

sponsored link

同じ、オーストラリアでも学校に持っていかせる物が全然違う!件

 

school-fee-costs-prekindy-wa-australia

↑クリックで、過去の記事へ飛ぶ

 
 昨年、西オーストラリアでちょろっとプレ幼稚園(3Year-Old-Program)にいかせていた時にその準備で必要になった物や費用を公開しました。

が、南オーストラリアのアデレードに引っ越し、とある公立の幼稚園に入園となって…

こんなに違うんかッ!?

Mimi

と、びっくりして準備段階でかなり、不安になりました。

幸い、過去に同じ学校に兄弟を行かせたことのある日本人ママさんに荷造りの相談をさせてもらえて、初日は安心して学校に行かせられました。

 

アデレードのとある公立の幼稚園の通園バッグと持ち物

backpack-kindy-ema-asutralia

小さめだけど、好きなステッカーでオリジナルバッグが簡単に作れる「seeds」のバッグ(左)と学校でもらったお弁当箱(右)

 

今回、幼稚園に行かせるのに私が準備したものは…

  • リュック(バックパック)

以上!!です。

うっかり鉛筆と鉛筆削りを新調しちゃったけど…ま、良いや!学校指定のお弁当箱や水筒(写真右)は学校見学の日に無料で頂きました〜!さらに、文房具やタオル、万が一の着替えも…学校で準備されるとのことので特に持参不要でした。

Mimi

持っていくのは帽子とお弁当と水筒だけ…持ってく物が無さすぎて、心配に。

この学校では指定の制服(帽子とロンT のみ)は購入になりますが、なんと、それ以外に必要なものはほぼ全て学校支給となっていました。

びっくり!

ちなみに、オーストラリアでは子供に体重の10~15%以上の荷物を背負わせない方が良いよ〜という一般的な理解があります。
(参照→Children should only carry 10 per cent of their body weight in school bag, experts say

…だから、なのか???

正直なところわかりませんが、お弁当箱はやたらデカかった。

散々悩んだ、お弁当の中身はこんなにしました…↓ 

Emaさんのお弁当の中身

  1. サンドウィッチ
  2. プチトマト
  3. キュウリ&ニンジンスティック
  4. 茹でとうもろこし(4分の1/ 朝食も食べる)
  5. ブドウ

初日は半日でモーニングティーしか要らなかったけど、学校帰りに寄った公園でちゃんと食べてくれたので、これからも大体こんな感じで作って行こうかな〜と思います。

Mimi

sponsored link

最後に…

 日本だと始業式で親は正装して 「始業式」から始まりますが、オーストラリアの幼稚園では始業式はありません。

初日、中には「今からジム行きます」と言わんばかりのピチピチタイツとキャミソールで子供を送り出していた親もいました。(→良く、見かける)

始業式がなかったら無かったで、何か物足りないようなそんな気もしますが、、、です!

適当なお弁当の用意だけでヒーヒーな私にはちょうど良いのかも。ハハ

sponsored link



最後までお読み頂き、有難うございます! あなたとオーストラリアが一歩でも近づきますように...
人気ブログランキング

 

この記事を書いている人 - WRITER -
黒帯と道着をバックパックに忍ばせて、 世界55ヶ国を夫と旅した妻のMimiです。 オーストラリアの「果てしなく広い空と大地、綺麗な空気と海」が大好き! 行くだけで、不思議なエネルギーをもらえます。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. Tomo より:

    初めまして、コメント失礼します。
    昔、オーストラリアに滞在していた時期がありましたが、アデレードの幼稚園って
    準備するのバックパックだけでいいんですねー!!
    日本の学校と違ってラフな感じがオーストラリアらしいですね^^

    • Mimi より:

      Tomoさん、初めまして!返信が遅くなりすみません!!コメント有難うございます。
      学校によってばらつきはあると思いますが、引っ越し先の近所の幼稚園はとても楽で色々と助かりました!
      私立校は小学校から日本の私立大学並み〜それ以上の学費だったり、かなりお金がかかるところもありますが…^^;
      公立なら学費はかなり抑えられるし、ランドセル選びとかもないし。おっしゃる通り、ラフさはオーストラリア子育ての良いとこだと思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© AUS移住.com , 2021 All Rights Reserved.