[PR]

ただ今、オーストラリアの永住権取得のため奮闘中の日本人一家です!

夫Yu (夫)はすでにジェネラルのIELTS(アイエルツ)スコア7.0をクリアし、2018年の1月から単身で移住してます。

 

この記事を執筆中の私、Mimi(妻)も永住権申請の時期に合わせて

いずれはIELTSで英語力証明が必要になることが分かり、大っ嫌いな試験対策を本格的に始めねば・・・

 

と、ショックを隠しきれませんでしたが、

ついに神の救いの手が〜!!

英語の試験対策に特化し、特にIELTSはジェネラルもアカデミックも全セクション対応の心強〜いオンラインスクールMAE様にお声をかけて頂きました!!

こちらの記事ではまず、以下のポイントをまとめてみたいと思います。

  • IELTSとTOEFLではぶっちゃけどちらを受講すべきか?
  • 【実体験レポ】MAEのIELTSオンライン対策の無料トライアルレッスンを受講してみて
  • MAEのIELTSオンラインコースの10の特徴と受講料金

 

なんと!このブログ(AUS移住.com)からの無料体験レッスンお申し込みの方限定で特別な特典も頂けたので、是非!最後まで読んでみてくださいね ^^

 

  IELTSは短期集中で結果を出したい!そこのあなたは必見です

ielts-mae

MimiMimi

IELTSは短期集中でサクッと目標点をクリアしたい!!
そう思いませんか?でも、初めて受験するなら結果を出すまでに最低3ヶ月は必要と言われています。

まずは、IELTSってどんな試験なのか?というところから確認済の方は、TOEFLと特徴の比較・オンラインで勉強するメリット・デメリットも見直しつつ、やっぱりIELTSでスコアが必要な方にベストなスクール選びや勉強法のポイントを見つけてもらえたらなと思います!

そもそも、IELTSを受ける必要があるのか迷っている方もいるのでは・・・?

では最初に、TOEFLとIELTSの違いをまとめてみましたのでみていきましょう〜 ^^

 

 IELTS(アイエルツ) vs TOEFL(トーフル)、 ぶっちゃけどっちがスコアを出しやすい?

 

MimiMimi

TOEFL(トーフル)もIELTS(アイエルツ)も海外の大学入試や移住に有効な試験ですよね!

今はIELTSの方が試験受験者数が多い傾向になっていて、世界的に最も幅広く受け入れられているんですが・・・

TOEFL (IBT) IELTS(アカデミック)のそれぞれの4つの技能(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)別に試験の特徴を知ると、どっちを受けた方が効率よく、目標のスコアをクリアできそうか見えてきますよ!

以下にパート別の試験の特徴をまとめた比較表を作ってみましたので、一度それぞれのパート別に特徴を理解して比較検討してみるといいですよ〜〜!

【パート別に見る】IELTSとTOFLEの試験特徴とその違い

 
IELTS
TOEFL
ライティング
筆記形式 (受験地によってコンピュータも有り)
コンピューター形式
より正確なスペリング技能必要
コンピューター対策が必要
読解ができれば書く型が決まっている
integreted taskという複雑な作業で回答
リスニング
イギリス・オーストラリア英語
アメリカ英語
問題を聴きながら答える
長いレクチャーを聞いた後に回答
リーディング
難易度高め・長文が多い
やや短めの傾向
スピーキング
試験管と対面形式(相性が左右される時がある)
コンピューターに向かって話す
その他
試験時間は半日~丸一日と長時間(スピーキングの受験者数と順番による)
4時間~4時間半

 

技能的に一番の決め手はライティングが手書きかタイピングかスピーキングが面接形式なのか

コンピュータに話しかけるのかあたりが大きな違いとなるのではないでしょうか。

 

手書きが嫌な人はTOEFLをお勧めしますし、コンピュータに話すのが苦手な人はIELTSの方がいいと言えますが、

試験対策をして試験形式にさえ慣れてしまえば、IELTSの方が点数がとりやすい傾向があるといえます

というわけで、

私の場合はオーストラリア移住の為のビザ申請にTOEFLも適用となっていますが、

実用性や点数の取りやすさから迷わずIELTSの試験勉強を選択しました。

 

あ、ちなみに MAE 公式facebookページではIELTSの最新の試験対策や英語の試験に使えるイディオムなど配信しているのでチェックしてみてくださいね!

 

 

【実体験レポ】MAEでIELTS(アイエルツ)の無料カウンセリングを受けてみた

mae-ielts-imag
img via https://www.maetoronto.com/ 2018. 9.1

IELTSに特化したMAEとは?

MAE ( Metropolitan Academy of English) とは

カナダのトロント、ダウンタウン内を拠点に置く、実スクールとオンラインスクールの両方の機能を備える語学学校です。

特徴と強みは日本人のネイティブ講師カナダ人講師の両方のプロ講師軍が在籍し、

「一人一人に合った質の高い教育を」をモットーにIELTSやTOEFLなどの試験特化コースが充実しています。

 

MAEを見つけて私が注目したのは・・・

  • IELTSジェネラルも対応!!POINT : ジェネラルに対応しているIELTSオンラインスクールが昨年まで全然見当らなかった!)
  • SKYPEさえダウンロードできれば受講可能 (スマホ・タブレットでもOK)
  • 料金システムがチケット制でわかりやすい
  • 1レッスンの時間が程よい
  • プライベートレッスンとセミプライベートレッスンがある (基本、プライベート)

などなど

とざっと挙げるだけで、もう興味津々だったのですが・・・

とりあえず、無料体験レッスン(カウンセリング)があるので受けてみることにしました!

 

 MAEの無料体験レッスン(カウンセリング)実際の流れ

 

1.トライアルレッスンの予約をする

mae-ilets-trial

まず、MAE公式サイトのこちらのページ
https://www.maetoronto.com/english-1/enrolment-process/free-trial/

から

  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号 :日本の場合は 頭に +81 (国番号)をつける
  • トライアルレッスンの希望の日時*を3つ
  • メッセージ欄:質問や希望があれば記入

を記入して「送信」します。

*トライアルレッスン(カウンセリング)は時間帯が900~18:00でそれぞれ、約60分間です。

*私の場合ジェネラルという事と目標のスコア(全てのセクションで6以上か7)、私のSKYPE IDを書き込みました。

 

2.トライアルレッスン前に模擬テストをする

mail

トライアルレッスンの予約日が決まると

IELTSのリーディングとライティングの模擬テストの添付ファイルがついたメールが送られてきます。

添付の模擬テストは合わせて40分です。

 

プリントアウトして(そのような指示はないですが、その方が解きやすいです)

鉛筆と消しゴム、タイマーを用意し、レッスンまでに本番さながらで解いておきます。

 

*macの場合はファイルがひらけない事があるので、その場合はgoogledriveのアドレスを送ってもらって開けました。

 

3. 予約時間にSKYPEで答え合わせと個別カウンセリング

skype-pretty

SKYPEのアカウントを持っていない方はレッスンの予約日前にダウンロードして

SKYPE IDを伝えておきます。

 

時間になるとビデオ通話でトロントのMAEのカウンセラー(日本人)からお電話がかかってきます。

 

  • 早速、口頭でリーディングの解答内容をチェック

 →なぜ、その答えに至ったのかなど確認があります。

 →解答をしている間にも最新の問題傾向や答え方・具体的なテクニックをかなり教えてもらえました。

 

また、私の場合ですが、15分ほどのリーディングの解答確認の後、

ライティングで細かいスペリングチェックというより、解答内容を読み上げて

ライティングで最速で高得点に繋がる質の良い文章を書くための勉強のコツを教えてもらいました。

 

それから残りの時間で、スピーキングの練習問題にも1つ取り組ませてもらいました。

 

  •  トライアルレッスンの内容に基づいて、私にぴったりのコースを案内

トライアルレッスンでは全セクションを実際のIELTS模擬テストに基づいて、どこがどう弱いか

かなり的確にみてもらえます。

  

私の場合、受講可能でおすすめは

  オンラインマンツーマンの「エキスパートコース」か「マスターコース」という事でした。

  (*レッスン受講時のレベルによって全員が受けられない可能性もありますが)

料金について 

「マスターコース」の1レッスン 60分, 24回(およそ3ヶ月)を受けた場合の料金は・・・・

 入学金 カナダドル $200 ( 17,300円)+  カナダドル$1008 (約87,078円/ 1レッスンあたり 3,633円) 

 合計  約 104,378円*

 でした!

 *現在の換算レートでの金額目安です。

その他のコースに関しては受講期間にもよりますが、

プライベートでIELTSに特化したレッスンが3000円代から受けられるのは

かなり、お得なというか・・・

過去に私が体験した12社以上のIELTS特化のオンラインスクールで比較しても最安料金でした!!

 

ちなみに、

マスターコースかエキスパートコースを受講の場合「スコアアップ保証制度」も適用になるので、結果重視の方も安心です!

*適用条件:レッスン開始の約3ヶ月以内にIELTSを受験している事と最低24回のレッスン受講、また、受講後にもIELTSの受験が必要です。

保証内容: スコアが上がっていなければ、同じコースを半額で受講可能。

 

ではでは、

最後にトライアルを受けて知った&感じた事をもう一度まとめてみます。

 

 MAEでIELTSコースのトライアル(カウンセリング)を受けてみて【総評】

about-mae
img via https://www.maetoronto.com/

カウンセリングはIELTSのコーチングに強いKiyo(キヨ)先生に行って頂きました。

経験が豊かで海外生活が長いだけにサバサバ~としつつも女性なので細かいところに機転が利いて、とっても明るく話しやすい先生でした

 

先生にスコアの実績をお聞きしたところ・・・

 

Listening;9 reading 9, writing 7.5 speaking 8.0

 

をアカデミックでお持ちだそうです!!

MAEでは1年に2回、IELTS対策を担当する講師がIELTSを実際に受講しているので最新の試験の傾向を把握されているのです。

 

試験対策OK!でも、本当に試験を受けている講師が揃っている学校ってなかなかないので、これは超説得力あります。

 

実際のIELTS演習に基づいてレッスンが行われるので無駄な時間を使うことなく

最短にして効率的に私にあった試験勉強が行える印象がありました。

 

ネイティブ講師に関してはその人その人のレベルと必要に応じて、対応が可能なのだそうです。

 

理解が深まる事が重要なので、私はネイティブにこだわる必要はないと思います。

目標スコアに到達するのに本人にとってまず何が必要か、経験に基づく細かい分析が行われ、

適切なコースを案内する。いう濃い内容でした。

 

 MAEでIELTS対策をしたいと思った10の理由

 

最後に実際にMAEでトライアル(カウンセリング)を受けた後に感じた特徴をあげてみます。

 

  1. IELTSジェネラルもアカデミックも対応可能。 
  2. 講師が信頼できる [ 講師が交代で年に2回IELTSのジェネラルもアカデミックも受講していて、問題傾向を把握されている] 
  3. 短期集中型の人にぴったり!IELTS試験対策に最適な勉強法を教えてくれる
  4. SKYPEさえダウンロードできれば受講可能 (スマホ・タブレットでもOK)
  5. 料金システムがチケット制でわかりやすい。
  6. 最短3ヶ月でスコアアップ!とその保証がある*!!
  7. 1レッスンの長さが程よい( 60分か90分でちゃんと効果のある時間をわかってる)
  8. 万が一、講師と相性が合わない場合も講師の変更はいつでも可能(カナディアンのネイティブも在籍)
  9. プライベートレッスンなのに1レッスンの料金が安くて、教える内容が的確
  10. 実績がある

個々のレベルに応じて最適な勉強の計画を提案してくれるので、場合によってはIELTSコースは受けられない場合もあります

 

「実績」に関しても・・

“ これまで独学で勉強して上手くいかなかった方も3ヶ月のマスタープラン受講でバンドスコア7にUP!”

“ 苦手部分(ライティング)の集中的な対策で目標スコアを達成!”

などなどの実績があります。

 

最後に

最後の実績の部分では、マスタープランを受講して本当に3ヶ月でバンドスコア7を達成された生徒さんがいることや

何よりも、講師の方々が最新のIELTS傾向をしっかりと把握されている事がわかり、無駄なストレスやお金、時間をかけることなく試験対策ができると感じました。

約1年かけて目標のスコアを達成した私の旦那の場合ですが、

つい昨年まではIELTSのジェネラルで全セクション対応の手頃なオンラインスクールが見つからなかったことや

とにかくコストを抑える事ばかりを考えて

(と、言ってもIELTS本番は計6回受講してますのでテスト受講だけで 25,380円 x6回= 152,280円もかかってま~す。)

スピーキングはオンライン、リーディングは無料のオンライン添削サイトなど常に勉強方法をセクション別に模索しながら

ほとんど自己学習でやってきたのを見ているので、

私は無駄に何度も試験を受けたくない!短期集中で試験勉強はしたい!

という強い思いがあります。

 

彼は仕事環境もなるべく英語に変えたり、自宅でも英語で会話するようにしたりとストイックにやってきたので

なんとか1年で取れましたが、おそらく、私を含めて殆どの方は試験のために仕事まで変えられないのではないでしょうか?

また、IELTSは1回の試験料が高いので、多くの方ができるだけ受験回数を最小限に留めたいのではないでしょうか。

そのような点でも、特に短期で成果を出したい人は

正しい自分の英語レベル分析やより効率的に勉強の計画を 

IELTSの専門知識と経験豊富な講師にお任せして、受験者は必要な勉強のみに集中すべきです

 

そんなわけで、私は試験対策として最短の3ヶ月でジェネラルでスコアのぜんセクションで7超え目標で「MAE」さんで勉強します!!

(宣言したー!!永住権申請時期に合わせて、受講予定なので私のスコア結果公開までちょっと待っててね。)

 

あなたの本当の弱点今すぐ始めるべき・やめるべき勉強法なども教えてもらえるので、

とりあえず、迷っている人もMAE公式サイトから無料トライアルのレッスン予約をしてみてくださいね~ ^^

【先着50名限定】IELTSライティングのスコアアップ指南書が今なら無料でもらえます。

<無料の教科書の受け取り方>   
①このブログから無料体験レッスンをお申し込みする    
↓   

②無料体験レッスンをご予約の際に「AUS移住(読み方:オーストラリア移住).comより申し込み」と一言添えてください
     

 

(比較したい方はページのブックマーク!をお忘れなく)

sponsored link

☆最後まで読んでくれて有難うございます!!

バナークリックで海外移住の最新ブログランキングが見られます  ☆